おそらく、分数の計算ができなかったり、基本的な英単語の綴りを間違うなど、学生の質として本当に問題を抱えているのは、トップ校ではなく大多数を占める中位層以下の大学なのでしょう。しかし、そこで起きている問題が、あたかも日本の大学すべての問題かのように議論されているのではないでしょうか。

 それに加えて、なぜか、日本の大学を語るときには中位層以下の大学がクローズアップされるのに対して、海外の大学を語る際は有名校ばかりが取り上げられるのは、大きな違和感を覚えます。

 実際は、アメリカでもイギリスでも、中位層以下の大学における研究や教育の問題は、日本以上なのかはわかりませんが、同じくらいは深刻なのです。

 たとえば、OECDの2011年のデータによると、アメリカの高等教育機関(大学など)の中退率は47%に上ります。同様に、イギリスでも28%に上るといいます(*2)。

 同じ調査における日本の数字は10%です。これを悲観的に見れば、日本の大学が入学しやすく、卒業もしやすいと主張することはできます。しかし、入学者の半数近くが卒業できない大学は、果たして本当に適切な教育を施しているのでしょうか?

 イギリスの『テレグラフ』の2012年の記事(*3)が引用している、イギリス政府のデータによれば、中退率が最も低いケンブリッジ大学とセント・アンドリュース大学の学部の中退率は1.4%に過ぎず、それに続くオックスフォード大学の学部の中退率も3%に満たないそうです。

 その一方、最も中退率の高いハイランド・アンド・アイランド大学は、毎年32%の生徒が中退すると言います。記事中で約15%以上の学生が毎年退学すると紹介されている、西スコットランド大学、ボルトン大学、西ロンドン大学、ロンドン・メトロポリタン大学、スウォンジー・メトロポリタン大学、ミドルセックス大学、ユニバーシティ・キャンパス・サフォーク大学、サルフォード大学の名前を知る人は、日本にはほとんどいないでしょう。

 私の聞く限り、アメリカでも同様に、下位層の大学の状況は厳しいといいます。アメリカには約2800校の4年制大学がありますが、その中で、日本で話題に登場するのは、ほんの一部の限られた大学ではないでしょうか。

第13回 ハーバードやスタンフォードだけが大学ではない! なぜ、「海外」ブランドを盲信してしまうのか?|領域を超える経営学|ダイヤモンド・オンライン (via clione)

(uc0133から)


グロースハックとパワーユーザの憂鬱

youkoseki:

Spotifyが先日リニューアルしたのだが、公式フォーラムには使いづらくなったと不評の書き込みが集まっている。いわく、トラックを簡単にお気に入りできなくなった、フォントが大きくなって一覧性が落ちた、などなど。

リニューアルやバージョンアップに合わせて、機能が削られ、情報量の少ないデザインになり、その結果パワーユーザから批判が集まるという事例が、Spotifyに限らずこのところ増えている。また、単純に見える機能が、長く切望されているのになかなか搭載されないということも増えているように思う。


海水を燃料に転換する技術は、科学者たちが長年高い関心を持ってきた課題だが、米海軍は今月に入り、この研究がついに成果をみせたと発表した。

 液体炭化水素燃料の開発は「大変革」をもたらすものと考えられてきた。敵に攻撃されやすい燃料補給ラインを画期的に短縮化できるからだ。米海軍のフィリップ・クロム(Philip Cullom)中将は「われわれにとって極めて画期的な達成だ」と語った。

 米専門家らは、海水から二酸化炭素と水素ガスを抽出する方法を特定。これらを触媒コンバーターを用いて液化させ、燃料に変えるという。船舶だけではなく航空機への利用も期待されており、実現すればタンカーに依存することなく、洋上の船舶で燃料を生産できるようになる。

 米海軍研究所(Naval Research Laboratory)の専門家によると、この技術を用いたジェット燃料の予想製造コストは、1ガロン(約3.8リットル)当たり3~6ドル(約300~600円)。同研究所では海水から製造した燃料を使用して、すでに航空機の飛行に成功している。

 実用可能であることが検証された今、課題は産業規模の大量生産を実現することだ。だが研究チームはその前に複数の大学と協力し、海水から抽出する二酸化炭素と水素の量を増やしたいと考えている。

 クロム中将によると、この技術の利点は、船舶や航空機の従来のエンジンで利用できることにある。実際に米海軍の艦艇で同技術により燃料が生産されるのは、少なくとも10年後になる見込みだ。

米海軍、海水を燃料にする技術を開発 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース (via bochinohito)

(bochinohitoから)


「従業員宛に、手紙が届いたのです。取引先のメーカーさんの製品を使っている方らしいのですが、記事を見て、我々に「皆様のような中小企業あっての製品なんですね」という内容の手紙を書いてくれました。それを、皆に見せました。そうしたら、皆の顔つきが変わりました。」

[…]

「そうなのです。それ以来、取引先に頼み込んで、その製品を使っている方々のフィードバックをこちらにもいただくようにしています。」

営業職が自分の仕事にやりがいを感じないのは、売れないからではない。自分の売っている商品に「お客さんの役に立つ」という自信が持てないからである。

技術職が自分の仕事にやりがいを感じないのは、技術レベルが低いからではない。「自分の技術が世の中の役に立っている」という実感がわかないからである。

事務職が自分の仕事にやりがいを感じないのは、「社内の人々にとって自分たちが重要であるとの認識がされないからである。

これは、働いている組織の規模とは関係なく起こりうる。
内閣府の調査を見ても、仕事へのやりがいを感じる人の割合は、会社の規模によらないことがわかる。むしろ大企業の方が少しやりがいを感じる人の割合が低い。

結局、人は「その他大勢」であること、「無意味だと感じる仕事」には耐えられないのである。

「働きがい」はどのように作られるか | 安達裕哉 (via i11matic)

(i11maticから)




キスには反対するのに、彼らが人殺しだという事実には反対しないのですか? 息子さんが殺人の芝居を目撃するのはよくて、同性同士のキスはだめなのですか? 殺人もキスも芝居ではただのつくりごとですが、まるきり無害な描写――たとえ同性同士のキスだとしてもです――がまったく容認できない一方で、『デストラップ』のような現代物の殺人ミステリーであろうと、『マクベス』のような不朽の悲劇であろうと、殺人を描く演劇が道徳的に容認できる理由は何ですか?

男同士のキスシーンに苦情。劇団が出したパーフェクトな回答とは? - 石壁に百合の花咲く (via otsune)

(ittmから)




ところで、このLP MagazineのLPとはLoss Prevention、要するに万引き防止担当者ということです(日本で言えば「万引きGメン」でしょうか)。アメリカではこういう専門家向けのポータルがあるということですね。

顔認証で検知とは言ってもいきなり警報が鳴ったりつかまったりというわけではなく、以前に万引きを行なった人の入店が検知されると、LP担当者に通知が送信され、LP担当者が目視で確認した後に、本人に近づいて名前の確認の後に退店を命じるというプロセスが基本のようです。

また、法律に関する知恵袋的なサイトの情報(専門家の回答ではない可能性があります)によると、顔認識の話とはまた別に、米国の小売チェーン(たとえば、Walmart)で万引きでつかまると、二度とそのチェーン店舗(万引きをした店だけではなく、店舗すべて)に入店しないという誓約書を書かされ、それに違反すると不法侵入として退場を命じられるルールになっているらしいことがわかります。つまり、顔認証が使われるずっと前から、少なくとも同一小売チェーン内では店舗間で万引き行為をした人の顔写真を含む情報をシェアーしているようです(推測)。

米国における万引き犯情報共有システムについて(+リカオン社特許について) | 栗原潔のIT弁理士日記 (via katoyuu)

(deli-hell-meから)


OpenSSLという言葉を聞いたことのない人でも、何らかの形、いやおそらく多くの形で、自分の生活に関わっているはずだ。あなたの使うアプリや訪れるサイトでやり取りするデータが暗号化されていれば、OpenSSLを使っている可能性か高い。例えば、インターネットの50%で使われていると言われるApacheウェブサーバーは、OpenSSLを使っている。

セキュリティー研究者らが “Heartbleed“と呼ぶそのバグを悪用すると、過去2年以内のあらゆるバージョンのOpenSSLが走るシステムで、システムメモリー上にある大量のデータを暴露することが可能だ。

それで何が困るのか。サーバーのシステムメモリーには、極めて機密性の高いデータが置かれていることが多い。例えば、通信データ(ユーザー名、パスワード、クレジットカード等)を暗復号化するためのキー。つまり、アタッカーは容易に秘密の鍵を取り出すことが可能になり、傍受したデータをあたかも暗号化されていなかったかのように読むことができる。これらのキーを持てば、アタッカーが他人になりすまして本来機密性の高いサイトやサーバーに侵入することもできる。

そして、もしどこかのアタッカーが、いずれ解読するつもりでサーバーから山ほどの暗号化データを取り出して持っていたら? それらを解読するためのキーを手に入れているかもしれない(アタックしたサーバーの構成による。例えば、Perfect Forward Secrecyを使って設定されているかどうか)。

非常に控え目に言って、これは悪いニュースだ。

問題のバグは、OpenSSLの “heartbeat” という機能の実装に存在する。そこから “Heartbleed” と名付けられた。

このバグは、OpenSSLに2年以上存在していたが(2011年12月以来、OpenSSL 1.0.1~1.0.1f)、今日初めて発見され公表された。さらに悪いことには、このバグを悪用してもその痕跡はログに残らないようだ。つまり、システム管理者は自分のサーバーが侵入されたかどうかを知る術がない。されたと仮定するほかはない。

このバグはGoogleセキュリティーチームのNell Mehtaによって発見され、OpenSSLチームに報告された。OpenSSLは今日の午後、セキュリティー・アドバイザリと共に緊急パッチを発行した。セキュリティー会社のCodenomiconが、Heartbleedバグの詳しい解説を書いている。

OpenSSLの重大バグが発覚。インターネットの大部分に影響の可能性 - TechCrunch Japan (via darylfranz)

(hexeから)



時々、親には一見溺愛しているように見えて、その実は子供を支配したがるという心理があります。

"愛しているわよ、あなたが想い通りでいてくれる間は"

依存を愛と呼び、支配を応援と呼ぶこともあります。愛してあげたんだから、思い通りになりなさい。愛の中に、そういう取引が成立していることもよくあります。

浅田真央選手は誰のものか | 為末大×AERA 白熱ウェブ (via mayumiura)

(mitaimonから)