ドイツの電気代が高騰している。現在進められている脱原発を主軸としたエネルギー政策が主因であるのは自明の理だが、脱原発を推進していた人たちは、つい最近まで、エネルギーの転換にはお金が掛からないと主張していたのだ。

太陽も風も無料で、しかも無尽蔵にある。それを利用すれば、安くてクリーンな電気が手に入りますよと言われれば、誰でも喜んで飛びつく。しかし、現実としては、電気はどんどん高くなり、脱原発の決定以来、毎年CO2の排出量が増えている。


■持てる者は助成金で儲かり、持たざる者は高い電気代を払う

なぜ、電気代が高騰しているかというと、庶民の電気代の中に、再生可能エネルギー(以下再エネ)の助成金が乗せられており、その助成金がうなぎのぼりで増えているからだ。

今では電気代の5分の1が助成金の分で、つまり、私たちはそれを、電気代と共に自動的に負担させられているということになる。しかも、助成金の割合は近い将来、減るどころか、まだまだ確実に増えていく。

すでにドイツ人の払っている電気代は、EUでデンマークに次いで2番目に高い。1位になるのも時間の問題かもしれない。つい最近まで、緑の党は、「脱原発は、ドイツ国民にとって、アイスクリーム1個分ぐらいの負担にしかなりません」と言っていたのだから、高いアイスクリームだ。騙されたと思っている人は多いだろう。

何がこの助成金を吊り上げているかというと、再エネで作られた電気の買い取りにかかるお金だ。ドイツには再生可能エネルギー法というのがあり、そこには、再エネで生産された電気は、全量を20年間にわたって買い取ってもらえるということが明記されている。

そのため、再エネ産業への参入を確実な投資と見て、大規模なソーラーパークやウインドパークが急増し、あるいは、持ち家のある人は屋根にソーラーパネルを取り付けた。

そこで作った電気はすべて、市場価格よりも高い値段で買い取ってもらえる。その結果、当然のことながら、買い取り値段と市場への卸売価格には差ができてしまい、その差額を助成金で補っている。しかも困ったことに、供給量が増えると、市場での電気の価格が下がるため、再エネの電気が多くなると、電気代は上がる仕組みだ。

再エネを発電している人は、それでも助成金で儲かるのでよいが、負担しているのは、再エネ産業に投資するお金も、パネルを取り付ける持ち家も持たない庶民がほとんどなのだから、不公平な話ではある。


■大企業の助成金負担免除が論議の的に

助成金で賄われているものは、他にもある。大きなものとしては、送電線の建設費。風の強い北ドイツで大量に作られる風力の電気を、工業地帯である南ドイツに運ばなくてはいけないため、ドイツを縦断する大規模な超高圧の送電線が必要だ。

それらの建設はまださまざまな事情で軌道には乗っていないが、しかし、進めていかなくてはならないことは自明の理。送電線なしに再エネの開発をしても何の意味もない。

ただ、コストは、主要な3本の送電線だけでも100億ユーロ(1.4兆円)。その他、電圧の変動の大きい再エネの電気に対応できるよう、既存の高圧電線もリフォームしなければならない。それらの経費もすべて、助成金として電気代に乗せられることになる。

さて、その厄介な助成金が、今、違った意味でも論議の的になっている。というのも、実はドイツでは、電気を大量に消費する大企業は、助成金の負担を免除、あるいは、大幅に軽減されているからだ。

国際競争力を落とさないため、そして、雇用を守るためというのがその理由だが、この特別措置により、大企業の支払うべき助成金までも負担させられている庶民は不満を隠せない。助成金分を庶民に肩代わりさせて荒稼ぎをした大企業は、利潤が伸びれば自分たちの配当を増やすに違いないと、疑心暗鬼に陥っている。

また、この大企業のための特別措置は、EU内でも取り沙汰されている。これは自国の企業の競争力を保持するための不当な保護政策であり、平等な競争の原理に違反するというわけだ。

ドイツ政府は、しかし、この特別措置を外してしまうと、化学、金属工業はもちろん、製紙や製陶など、電気を多く使う産業が海外移転に走ると危惧しており、去年より、EU委員会との熾烈な交渉が続いていた。

そして、4月9日、EU委員会とドイツ政府は、特別措置を認めるという方針で合意に達した。この交渉のために奔走したのが、SPD(社会民主党)の党首でもあるガブリエル産業・エネルギー大臣だ。

これに対し、緑の党はドイツ政府を声高に非難。政府が企業のロビー活動に取り込まれ、大気汚染の片棒を担いでいると批判している。緑の党は元々、ドイツの産業のことなど考えない傾向はあったが、それにしても、今まで仲間だと思っていたSPDの変容に唖然としていることは間違いない。


■「脱原発の決定は大きな誤りだった」

しかし、現在のドイツ政府はCDU(キリスト教民主同盟)+ CSU(キリスト教社会同盟)とSPDの大連立のため、緑の党が何を言おうが気に掛ける様子はない。

だいたい緑の党は、脱原発についてのバラ色の構想を唱えすぎたこともあり、今や政治的に孤立しているだけではなく、支持率も落ちている。環境省もエネルギー政策においては完全に蚊帳の外に放り出された感あり、ドイツは今、経済に重点を置いた政策に専念している。

電気を多く消費する大企業の特別措置に関してもう少し詳しく言うなら、このたびEU委員会とドイツ政府は一応の合意を見たものの、EU裁判所ではこの件はまだ審議中だ。裁判所の判決によって、今回の合意が不当であると見做されたら、また振り出しに戻る可能性もある。

しかも、ガブリエル大臣がせっかく練り上げ、現在、この夏、国会を通そうとしている再生可能エネルギー法の改訂案も、そのままでは進められなくなる。EUというのは、まったくもって複雑な機構なのだ。

さらにドイツでは、脱原発の厖大なコストだけではなく、脱原発の決定自体に対する非難も出始めている。

例えば、2月にミュンヘンの有名な経済研究機関、ifo研究所のハンス=ヴェルナー・ジン所長が、『マネージャー・マガジン』のインタビューで述べているところによれば、脱原発の決定は大きな誤りで、それは「将来の世代に迷惑をかけ、他国に間違った例を示している」のだそうだ。

太陽と風力の電気は「偶然に頼った電気」であり、産業国を支えるエネルギーとして、主要な位置を占めることはできない。つまり、これらの発電施設が「ほとんど無益であることがようやく明らかになってきた」と辛辣だ。

今まで、こういう意見は、あたかも箝口令が敷かれているかのごとく、聞こえてくることはなかったが、今年になって、次々とメディアが取り上げ始めた。ドイツ政府の顧問役であるベルリンのEFI(研究・革新専門家委員会)や、シュレーダー前首相が、脱原発に疑問を投げかけたことは、すでにこの項でも書いた

再エネの一番のネックは、ジン氏の言うとおり、お天気任せだということだ。だから、発電施設がどれほど増えようが、それらが一切稼働しない時のため、バックアップの発電所が欠かせない。

ドイツの冬場には、日も照らず、風も吹かない日は結構多い。そして、冬場こそ電気の消費量はピークになるのだ。そのため、現在、ドイツの発電施設の総容量は、ピーク需要の2倍以上(1億8000万kW)と、完全な過剰施設になっている。再エネと既存のエネルギーの発電容量がダブっている結果だ。経済効率は極めて悪い。つまり、これがジン氏の言う「偶然に頼った電気」の問題点である。


■環境主義者たちが目をつぶる再生エネルギーの欠陥

4月16日、電力会社RWEの株主総会が開かれた。ドイツには大手電力会社が4つある。RWEはそのうちの1社で、エッセン市に本社がある。

総会での報告は壊滅的なものだった。RWEは昨年28億ユーロの赤字を記録、60年来、初めてのことだそうだ。配当金はこの3年で3分の1に落ち、大型株主であるエッセン市にとっては、1900万ユーロの減収となる。

かつてのルール工業地帯のエッセンは、今ではそうでなくても多大な借金を抱えている貧しい州なので、途方に暮れていることだろう。RWEのスポークスマンはインタビューで、発電ができない電力会社がどうやって収入を上げればいいのかと述べていた。

再エネは、小規模な電力需要には向いていても、これで産業国の電気のすべてを賄うことは不可能だというのは、今では素人にでも分かる。

前述のジン氏によれば、例えば、2011年に太陽と風で発電された電気の半分強を、必要な時に使えるものにするためには、400カ所の揚水発電所が必要だそうだ(現在35カ所が完成)。そして、そのためには1000億ユーロ(14兆円)が必要になる。

しかし、それができたとしても、そんな高い電気を使って、いったい何を生産すれば採算が合うのだろう。

環境主義者や反原発派の人たちは、「偶然に頼った電気」という太陽光と風力の、エネルギーとしての致命的欠陥に一切触れないが、なぜそれを無視したまま話を進められるのかが分からない。ときどき停電になっても、それは別に構わないと思っているのだろうか。

再エネの成功は、蓄電をも含めた技術の革新と、助成金なしでも市場に参入できるだけの経済性を養うことなしにはあり得ない。今のドイツの再エネ電気は、市場の原則を無視して作られている。計画経済の支配している国ならそれもアリだろうが、ドイツはその電気を自由市場で売買しているから矛盾が起きるのだ。

再エネ構想は夢があって楽しいが、少なくとも日本の政治家は、ドイツで起こっていることをちゃんと見た方がよい。

脱原発は「高価なアイスクリーム」だった 再生可能エネルギーのバラ色の夢から覚めつつあるドイツ: 2014.04.23(水)
魚拓(1/4ページ)
魚拓(2/4ページ)
魚拓(3/4ページ)
魚拓(4/4ページ) (via 719043)

(shinjihiから)




27日、静岡・伊東市の沖合で行方不明になった男性が28日、19時間の漂流の末、およそ40km離れた下田市の海岸で救助された。生還した男性がFNNの単独取材に応じて、生き延びることができたわけを語った。
「諦めようかと思った」などとFNNの単独取材に語ったのは、兵庫・神戸市の会社員・中嶋祐輔さん。
中嶋さんは「やっぱり、もう諦めようと、幾度となく思う時もあったので。本当に助かったっていうのが正直」と語った。
水中メガネのあとがくっきりと残るほどの顔の日焼けのあと。
炎天下で長時間漂流した過酷さを物語っていた。
中嶋さんは27日午後3時半ごろ、伊東市の海岸で友人たちと泳いでいたという。
中嶋さんは「体力がちょっと奪われたので、浮いて体力回復するまで待とうかなと思ったら、だいぶ流されちゃったので、これはえらいことになったなと」と語った。
伊東市の海岸で続けられた捜索。
そして、漂流から19時間後、中嶋さんが発見されたのは、漂流した海岸から、およそ40km南の下田市白浜の海水浴場だった。
中嶋さんは午前10時半ごろ、ライフセーバーに発見され、声をかけたところ、無言で砂浜に倒れこんだという。
救出したライフセーバーは「わたしが最初に行って、非常に寒がっていたので、黄色いパトロールシャツをかけて、とりあえず保温した。口が非常に塩辛いと言っていたので、口をゆすいであげた」と語った。
沖へ流されることなく、40km南の沿岸にたどり着いた中嶋さん。
その理由について、いとう漁業協同組合の河合 択氏は「きのうは南に潮が流れていて、風も陸に向けて吹いていたので、沖に流されず、陸伝いに流されたのではないか」と語った。
自力で砂浜に着いた中嶋さんは、病院で手当てを受けているが、命に別条はないという。
中嶋さんは「最初から行かなければよかったなと、真っ先に思いましたね。引き返したら、足つっちゃって、そこで体力を奪われたので。浮いて体力を回復しようと思ったら、だいぶ流された」と語った。
東海大学海洋学部教授の山田吉彦氏は「ラッシュガードは保温効果があるので、体温が維持できた。足ひれなど、浮力のあるものを持っていたことで、浮いていることができた」と語った。
そして、19時間にも及ぶ漂流中、中嶋さんは、あお向けで水面に顔を出し流れに身を任せていたという。
顔の日焼けは、まさにその時についたものだった。
中嶋さんは「あお向けになって、一番楽な姿勢なので。泳ぎは得意じゃなかったので、溺れたときのレクチャーではないが、一番楽なのが、あお向けに寝ると聞いていたので、実践した」と語った。
こうして体力を温存させることが、漂流した際には大切だと専門家は話している。
山田氏は「もがいていなかった、体力を消耗する行動を取っていなかったことも1つの要因だと思います」と語った。
中嶋さんは「(助かってよかったですね?)みんなに会えるのがよかったです」と語った。

19時間・40km漂流の末救助された男性が奇跡の生還語る(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース (via bochinohito)

(bochinohitoから)


1876年、札幌農学校の教頭に就任したクラーク博士
働いていたアメリカの学校で、一年間のお休みをもらって北海道にやってきたため、
その翌年にはアメリカに帰国する事となります。

一期生の生徒達はクラークとのお別れが寂しくて仕方がありませんでした。
それを察したクラークさんは、一人ひとりに握手を求め、色々と声をかけていたそうです。

そして、お別れの時です!
馬にまたがったクラークさんは生徒に向かってあの言葉をいうのです。

Boys be ambitious!

しかし、クラークが生徒たちに向かって訴えたのはこれだけではありませんでした。

Boys be ambitious!.
Be ambitious not for money or for selfish aggrandizement
not for that evanescent thing which men call fame.

Be ambitious for the attainment of all that a man ought to be.



「少年よ大志を抱け。ただし、
金を求める大志であってはならない。
利己的なものを望む大志であってはならない。
名声という浮わついたものを求める大志であってはならない。
人が人として備えなければならぬ、あゆることを成し遂げるために・・・・」


つまり、お金とか名誉とかを求めるのではなく、様々なものを学び、
備える事で、人の為に役立つ大志を抱きなさい。
こんな思いが込められているのです。

Daryl’s HomePage / だりるのWeblog::σ(゚∀゚ オレ!!: どっかで拾った Boys be (via darylfranz)

(gkojax-textから)


「欧州の人々はなぜ長期休暇を取れるのか?」「欧州ではなぜ出産して退職する女性は少ないのか?」という質問をよく頂くのですが、つまり、欧州の多くの職場では、この病院の様に、仕事をうまく采配して家庭の事情がある人や具合が悪い人にも配慮して組織を回している、というわけなんです。

それはカワイソウだからとか、人道的だからという理由だけではなく、単にその方が効率が良いからです。業務を分割して誰かが倒れた場合や働けなくなった場合にも他の人にふれる体制を作っておけば、業務継続が可能になります。これはリスク管理の視点です。

なぜ少子化対策は制度整備の話ばかりになってしまうのか? - WirelessWire News(ワイヤレスワイヤーニュース) (via do-nothing)

(ittmから)


宮本 若い人にシリーズものを作ってもらうと必ず起こるのが、前のものを変えようとするんですね。「変わらない からいいものもある」ということをいつも言うのです。「変えよう」「新しいことをやっていこう」というのは正しいエネルギーなんですね。ただ、「前のもの を変えた結果が前のものを超えるか?」という視点はプロとしてはすごく大事ですよね。

 そうすると、変える時に「なぜそう作っていたのか」 を知る必要はありますよね。「なぜそう作っていたのか」を知らないで変えたら、その人がなぜそう作ったのかという理由と同じことをもう1回経験するだけに なって、最後はもとに戻ってくることになる。そこから学ぶということも大事なのですが。

Business Media 誠:遊んでいる姿が楽しそうなのが大事——マリオの父、宮本茂氏の設計哲学(後編) (1/5) (via cokeraita) (via otsune) (via katoyuu) (via quote-over100notes-jp) (via tatsukii) (via do-nothing) (via petapeta) (via uc0133)

JASRACの分配データがコンピュータ化されていないという恐ろしい事 態に直面している{会場から「そんなことはない」との発言}。なぜかというと、私 は過去、自作のビデオ——作品名を言うと『怪奇大作戦』だが、徴収漏れがあり、自 分で調べ上げた結果、360万円くらいの徴収漏れが判明し、入金もあった。その後、 他社でも何回かビデオ化されているということが、詳しい人からもらったデータで判 明したので、「私に払っているかどうか、過去にさかのぼって調べて欲しい」と JASRACに言ったところ、調査すると言ったまま約3ヶ月たっても答えがない。なぜか と訊いたら、データがコンピュータ化されておらず、外部に託してある倉庫の、山の 様な書類を何人もの手で調べ直しているので時間がかかっているとのこと。  世界中で、日本では著作権管理を一元的にやっているのはJASRACだけ。それが、デ ータをコンピュータ化していないというのは、あまりにも情けなさすぎる。コンピュ ータ化していないというのは事実かどうか。事実なら、いつからデータ化するのか答 えてほしい。作家にパスワードを与え、自分で自分の作品がいつどういう風に使われ たのかくらいは知りたい。今の分配明細書では、結果の金額しか書かれておらず、ど この誰がどの曲をどういう風に使用したか全く分からない。データ化すれば一発で分 かる。絶対にデータ化してほしい。
 次に、私はあえて『爆弾発言』をする。私は先ほどの『怪奇大作戦』についての調 査報告の中で、1985年以前の書類は廃棄されているとの報告を受けた。事実なら重大 な法律違反だ。著作権というのは作家の死後50年まである。その間に書類廃棄とはい かなることか、事実をはっきりさせてほしい。

音楽著作権とJASRAC問題 (via otsune)

(yasaiitameから)


かつて私は、「もし、がんを本当に治す薬ができたらどんな病気にも効きますよね」という趣旨のことを信じていた著名な国立大学の文系教授に出会ったことがあるが、市民講座等で会話を交わした人たちの中にはこのような考え方の人が少なからずいる。そこには、がんは怖い病気である、そんな怖い病気を治せる薬ならどんな病気も治せるという素人的に陥りやすい単純な理論的推測が存在している。だが、現実の化学物質は作用する物と作用できない物があって、がんを治すことのできる薬ができてもほかの病気に適用できないのが普通である。
従って、がんに効果のある薬が風邪には効かないのと同じように、発がん物質は防カビ剤になるとは限らない。発がん物質発見の簡易試験法を開発したエームス博士は、我々が日常に接している自然の野菜にはすべてと言ってよいくらい、ある濃度で発がん物質が含まれていることを報告している。したがって、もしそんな僅かな発がん物質でカビが防げるのだったら我々の周りの野菜の調理品はカビが生えないはずである。

3.「ヤマザキパンはなぜカビないか」論に見る一般人に対する騙し行為 長村 洋一 (鈴鹿医療科学大学) [PDF] (via nkym) (via otsune) (via zenrahanra) (via harmean) (via gkojax-text)

デーモン閣下のサンデースポーツでの問題提議が話題になっている。

場所中にも指摘したように、白鵬の土俵態度は
100人が見れば100人が素晴らしいと感じるものでない実情が有る。

張り差しやカチ上げなどの有無を言わせぬ打撃技、
立ち合いの駆け引き、
勝負が決した後でのダメ押し、
そして、汗を拭かない。

フラットに見て、これを全て不問にすることは出来ない。

[…]

そういう意味で、親方衆がこれらを注意するのは
実に理に適っていると言える。

だが、白鵬にはそれが作用しない。
それ故に白鵬は今、こうした行為を日常的に行っている。
白鵬なら、何をしてもいいのだろうか?
相撲界の顔が、議論の対象たる行為ばかりに手を染めていいのだろうか?

相撲界の恩人たる彼が、今大きく道を誤ろうとしている。
苦しい時に相撲界を盛り立てた白鵬だから、
相撲界のあるべき姿を体現した白鵬だから、
今こそ、あるべき姿を提示しなくてはならない。
たとえそれが、白鵬を傷つけることになっても。

私はその役割を、横綱審議委員会に期待した。
だが、彼らの口からは日馬富士と鶴竜の不甲斐なさを批判するという、
叩ける力士を叩く、安全圏からのポジショントークに過ぎなかった。
そのことに対して私は落胆した。
期待はしていなかったが、それでもそういう気概が
一かけらは残っている方たちだと思っていたからだ。

だが、この横綱審議委員会すら怖気づく役割を引き受けた者が居た。
そう。
デーモン閣下である。

彼は先のサンデースポーツで、豊真将に対するダメ押しについて言及した。
そして白鵬から、ダメ押しは土俵を割っていないからだということ、
豊真将の立ち合い変化に対する制裁的な意味が込められていたことを引き出した。

更にここでデーモン閣下は、その言葉に対して返す刀で
格下力士達のそうした変化をこれからもしてくるであろうこと、
そして双葉山ならばそのようなことはしなかった、という
非常に耳の痛い切り返しをしたのだ。

白鵬もこれには苦笑いするしかなかった。
これは、本当に凄いことだと思う。

横綱に対して意見することがどれだけ危険なことか、
デーモン閣下はよく分かっていたはずだ。
たとえ正論であったとしても、それを言うことが
白鵬ファンや白鵬の心証を害することになることも
十分想像できるからだ。

白鵬は、相撲界に貢献した恩人だ。
そして、そのことに対して多くのファンが感謝している。

それが正論か否かが問題なのではない。
そういう恩人に対して物申すこと自体が
分をわきまえた行為ではないと受け止められてしまう可能性が有るのだ。

だからこそ、今回の問題提議にはリスクしか存在しなかった。
デーモン閣下はあの場で30回目の優勝について
ニコニコ笑いながら褒め称えるだけでも良かった。
それを責める人間は居ない。

しかしデーモン閣下は、言葉を選びながら
視聴者も白鵬も傷つかず、しかも心に届く問題提議をしてくれた。
何故それが出来たか。

それは、デーモン閣下は白鵬を本気で心配していたからだ。

普通こうした問題提議というのは、自分が溜飲を下げることが
目的となりがちだ。
相手を正論で打ちのめし、悦に入る。
週刊誌やタブロイド誌の批判が響かないのはこうした理由が大きい。

目的は何か。
ゴールは何か。

白鵬を傷つけることではない。
白鵬に気付いてもらうことなのだ。

白鵬が今の自分の問題点に気づいていないことは、
ダメ押しを正当化したことを見れば明らかだ。

そして彼は、あらゆる行為を横綱は受け止めるべきだと諭した。
双葉山の名を借りて。
双葉山の生き様を追ってきた者であれば、
その指摘が正論であることは痛いほど分かる。
だからこそ、白鵬はあそこで苦笑いせざるを得なかったのだ。

デーモン閣下の存在に、何度助けられたことだろうか。
白鵬だけが相撲界の恩人ではない。

閣下の言葉に、これからも耳を傾けよう。

デーモン閣下の白鵬への問題提議。何故閣下だけがこの損な役割を引き受けられるのか?その根底に有る、相撲に対する想いとは? | 幕下相撲の知られざる世界 | スポーツナビ+ (via tatsukii)

(tatsukiiから)


1975年の国立大学の授業料はたった36,000円だった。現在は約540,000円。この35年の間、物価は約2.5倍になっているが、授業料は15倍に。どう考えても異常。そりゃ東大生の親の年収1,000万円云々になるわな。安倍さんこれどうにかした方が宜しいんじゃないですか。

https://twitter.com/aniotahosyu/status/494141908978245634


https://twitter.com/tatsuya19670721/status/494229527338311680
@aniotahosyu わたしの時代で年240,000でした。→24年前。地方ならバイトで生活費共で賄えるレベルだったので国立行くメリットは十分ありました。


奨学ローン問題もここに帰着するのでは? 額が小さいからそもそも使う人が少なかった, 返すのが容易だった. etc.

(via bgnori)

(shinjihiから)



ただ、心配しなくていい。それでも磁極の反転には数百年、あるいは1,000年はかかると見られている。また、過去の磁極の反転が、当時の生物に大量絶滅や放射線による損傷をもたらしたという証拠もない。電力網と通信ネットワークは大変なことになるかもしれないが、人類は無傷で切り抜けるはずだ。

地球の磁場は、予想を超えるスピードで弱まり続けている « WIRED.jp (via do-nothing)

(nemoiから)


一方で、Zdziarski氏の指摘は実績に裏打ちされた一定の見地を与えてくれる。例えば同氏の指摘のひとつに、先ほどのUSBでiOSデバイスとコンピュータを接続した際に「このコンピュータを信頼しますか?」と表示されるダイアログがある。

 これは昨年2013年に発見された「iOS 6で悪意のあるバッテリチャージャにUSB接続した場合にデバイスを乗っ取られる」という脆弱性を受けて修正、追加されたものだ。

ASCII.jp:「iOSバックドア問題」に終止符か - Appleが”秘密のサービス”の詳細を公開 (1/3)

(otsuneから)