Field Trip を入れたスマートフォンを持って街を歩くと、様々な名所や建物の歴史や物語を、側を通るだけで自動的に表示してくれます。エキスパートが選んだおいしいお店の情報なども表示されるので、おやつの心配もいりません。

Google Glassにも対応していて、一部ではGlassのキラーアプリとも言われています。

mask303 blog: Field Trip で「遠足」をもう一度。 (via otsune)

(otsuneから)



死んだ親父はよく食いに連れてってくれたな
うまいんだけど、親父は食うのが早くて、食い終わるとじっと怒ったよな顔でオレが食べるのを見てた。
「早く食え」って言ってるみたいでちょっとヤだった。
こないだ初めて子供とラーメン屋に言ったら、やけにおいしかったらしくガツガツ食うわ、あせって水飲むし、ちっこい手で丼つかんでスープ飲んでハァハァいってる
可愛かった

そしたら「ねぇなんでじっと見てるん?怒ってる?」

人が死なない泣けるコピペ 後半:ハムスター速報 - ライブドアブログ (via petapeta)

(yanashuから)



■己のクズっぷりが露呈する瞬間


人の本性って、やっぱり無意識だったり余裕がない時に現れるよな。


例えば、これは今日の出来事。


俺と上司は出張先からの帰り、一時的にはぐれてしまった。

俺は上司が先にバス停まで行ったのだと思い込み、またバスの発車時刻までギリギリだったので、よく考えずに急いで乗り込んだ。

でもバス内に上司はいなかった。

仕方がないので、メールを送った。

「すみません、○○さん(上司)が先にバスに乗ったものだと思って慌てて乗ってしまいました。」

この時点で俺は軽い笑い話になるだろうなと思っていた。

だが上司からの返事はこうだった。

「まず何で電話しないの?出口付近で待っていたのに。というか俺がお前を置いて何も言わずにバスに乗るようなヤツだと思われたのがショックだわ。」


この話の駄目ポイントは以下の3点である。


・電話をするということすら思い浮かばない機転の利かなさ

・次のバスだってあるのに、上司を探すことよりも早く帰ることを優先したという自分本位っぷり

・相手を無意識のうちに傷つけた


俺が友達少ない理由も、ずっと彼女がいない理由も、仕事がイマイチできない理由も、合点がいった瞬間であった。

つまるところ俺は、


・考えが浅くて

・自己中心的で

・他人を思いやれない


というわけだ。


ずっと勘違いしていた。

自分は割とイイヤツだと思ってた。


今までどれくらい、他人を傷つけてきたんだろう。

どれくらい迷惑をかけてきたんだろう。

「俺は自己中心的で他人を思いやれないバカ」という前提で昔の人間関係の軋轢を思い返してみると、

ああ、あの時のアレは俺が悪かったんだなぁ、と腑に落ちる出来事の多いこと多いこと。


何だかちょっと死にたい気分だぜ。

己のクズっぷりが露呈する瞬間 (via eldstorm)

(tamejirouから)



一般に、「虐待を受けた人は、子どもにも繰り返す」という世代間連鎖が信じられてきましたが、この白書によると生育歴のなかで被虐待経験を持つ人は約1割にすぎません。

「児童虐待」してしまう心理とは? - All About focus on(オールアバウト フォーカスオン)

これも めいしん

だったのか……

(via firedfly) (via petapeta) (via kml) (via gkojax, jinon) 2009-05-12 (via gkojay) (via reretlet) (via hyasuura) (via katoyuu)

(via kikuzu) (via himatbshiz)

(via k-angie) (via chihira-masamichi) (via ixa) (via niseyousui) (via shinjihi) (via sejiijes) (via cannot994k) (via see-you-cowboy) (via sanpotekuteku) (via 1899blaugrana) (via yellowblog) (via konishiroku) (via rairaiken424)

(via t-isawa) (via magurohd) (via sierra7) (via 46187)


日ごろ何気なく使っている “Re:”について、多くの人は英語の“reply”(返信)か“response”(応答、返答)あるいは“return”(返却)の略、と漠然と思っ ているに違いない。私自身、数年前までなんの疑いもなくそう解釈していた。ところが、実際には“reply”にしろ“response”にしろ“Re:” の語源としては俗説のようだ。

    では、本当の語源はなにか。いくつかのウエブサイトやパソコン関係の本、辞書にあたってみたところでは、二つの説に帰結する。まず一 つは英語の“regarding”説だ。『プログレッシブ英和中辞典』(小学館)では、「前置詞。…に関して、…について(with regard to)」と語釈を示した後、「主に商業文で用いる。Regarding your recent inquiry(先日のご照会の件に関しまして)」と例文を載せている。つまり、“regarding”の頭の2文字から取ったというわけだ。そう言え ば、学生時代、貿易英語(コレポン)の授業で習った覚えがかすかにある。

    もう一つの語源説はラテン語由 来である。『インターネット用語 語源で納得!』(ナツメ社、藤田英時著)は、「『ReはReply(返事)の略』と説明している本や雑誌がほとんどだが、それは大きな間違い」とバッサリ 切り、「Reとは、ラテン語からきた言葉で『~について、~に関して』の意味」とし、日本語の…の件」に近く、法律やビジネスなどの文書によく使われる、と述べている。

    ラテン語の入門書をひもとくと、reは、女性名詞resの変化形《注1》であることがわかる。たまたま昨年買い求めた「羅和辞 典」(研究社)のresの項には「物事、(弁論・著述の)題材、主題」とある。西欧語の言葉の源をたどっていくと、行き着く先はたいていラテン語なので、 念のため研究社の『リーダーズ英和辞典』でreを引いてみたら、意味は「に関して」、語源はやはり「ラテン語のres」とあった。

返信メールの“Re”の意味と由来 - 言語郎-B級「高等遊民」の妄言 (via petapeta) (via yaruo) (via 86512754) (via gkojax-text)

思い返すに、大学院での指導で「自分の頭で考えろ」と教員に言われたことは一度もないと思う。その代わり散々言われたのは「よく調べろ」。自分の頭で考えるというのはそれなりの危険があって、不適切な材料と不十分な思考力では斜め上にたどり着くものだ。

Twitter / mishiki: 思い返すに、大学院での指導で「自分の頭で考えろ」と教員に言わ … (via wideangle)

万回のreblogに値する

(via pressthebackspacekey)

おっとちきりんの悪口はそこまでだ

(via tamejirou)

(yasaiitameから)




日本は児童の殺人、誘拐、強姦などをこの50年くらいで激減させ、諸外国よりずっと子供に安全な国です。児童ポルノ法違反者の数は、児童の被害者数ではありません。「日本は児童ポルノの単純所持規制をしていない!」という批判には、「あなたの国の児童の強姦被害者数と比べましょう」で終了です。

Twitter / mishiki (via katoyuu)

(y-uから)



ダイシン百貨店は「奇跡の百貨店」と呼ばれます。多くの小売店が消費不況にあえいできたなか、近年、7年連続で黒字を達成し続けてきたからです。JR大森駅から徒歩20分ほどの離れた場所にあるにも関わらず、年間来店客数は約400万人、年商は約80億円を超えています。
 この人気を支えているのが、実はロングテール。

図解&事例で学ぶ ビジネスモデルの教科書 [リフロー版] / カデナクリエイト (via ebook-q)

(gkojaxから)